山梨県北杜市の「オオムラサキセンター」に子供と行った感想

八ヶ岳旅行で、ホテルのロビーに置いてあったパンフレットを見て、「オオムラサキセンター」というところに行きました。→場所はこちら

5歳の娘は、女の子だからか、あまり昆虫には興味を示しません。

例外として、ダンゴムシだけには興味を示して、道で見つけると必ず捕まえるのですが、カブトムシとか、バッタとかにはあまり興味を持ちません。

せっかく子供ができたので、カブトムシ採りなんかもしたいので、昆虫好きになってくれないかなという私の希望もあり、行くことにしました。

行ってみると、学校や保育園のクラス単位で来ている感じの子どもたちがたくさんいました。

建物は、古い学校を改装して使っているような雰囲気がしました。
実際にはどうなのか分かりませんが、虫好きの人が廃校を買い受け、個人でコツコツ改修しながら作ったような、手作り感が漂っています。

そのためか、受付と、入ってすぐのホールみたいなところの雰囲気が寂しく感じてしまうかもしれません。

ザリガニ釣りコーナーとか、土の中の動物の標本が見えるコーナーとか、小動物の標本などもありますが、ややもすると田舎のおじいちゃんの家にもあるんじゃないかというような感じで、正直ショボい感じが否めません。


ザリガニ釣りコーナー

が、奥に進むと、面白くなります。

教室のような部屋に、昆虫の標本がたくさんあるのですが、その数がすごいです。

手作り感は変わりませんが、超マニアがすごい執念で集めたような迫力があります。


こういう部屋がいくつもあります。

金属のように光っている甲虫や、世界一大きいちょうちょなど、見ているだけで感心してしまいます。

数が多すぎて持てあましているのか、昆虫で絵を作ったりしています。



悪ノリしすぎ?


用を足しながら昆虫観察することができます。

生きている虫を展示している部屋もありました。
ヘラクレスオオカブトとか、世界の大きな甲虫を展示していました。

建物の裏手には、オオムラサキがいるスペースがあります。

おそらくここがこの施設のメインなのだと思いますが、意外にちょうちょの数が少なくて、あまり面白くありませんでした。

いろいろ体験出来るコーナーもあり、「暗闇の中でカブトムシを探そう」というやつをやってみました(参加費500円)。

暗室で懐中電灯を持ってカブトムシを探すのですが、部屋がめちゃめちゃ狭く、カブトムシも三匹くらいしか見つからず、3分くらいで終了しました。

でも、参加賞として、カブトムシを一匹くれました。
娘の希望で、メスをもらいました。

娘に「名前を付けてよ」と頼んだら、即答で「ぽぽ子」と名付けました。

広い草原で虫取り網を持って、虫取りをするイベントもありましたが、そちらの方が、娘は楽しめたかもしれません。

たぶんもう行くことはないと思いますが、特に子供がいる場合は、行って後悔することはない施設だと思いますよ。

ぽぽ子はその後、家に帰ってから大きな飼育ケースにおがくずを敷いて入れましたが、もともと弱っていたのか、エサを食べずに2日で死んでしまいました。
娘と穴を掘って埋めました。

娘はまだ今のところ、カブトムシが好きでも嫌いでもないようです。

北杜市のアクティビティ一覧