ディズニーランドでリニューアルしたジャングルクルーズに2歳の娘と乗った

2歳3ヶ月になる娘と、東京ディズニーランドに行ってきました。

娘がディズニーリゾートに行くのは4回目。
今までランド、シー、ランドときているので、順番からいけば次はシーなのですが、妻がリニューアルしたジャングルクルーズに乗りたがったので、今回はまたランドになりました。

まあ、娘からすれば、まだランドとシーの違いなど全くわからないでしょうから。

珍しく朝から行って、一番に目当てのジャングルクルーズに乗りました。

DSC07219

平日でしたが、1時間待ちで乗れました。
リニューアルから2ヶ月ほど経って、混雑も緩和してきた感じなのかもしれません。

娘は、何かに1時間並んだのは、たぶん初めての経験です(笑)

ジャングルクルーズの感想ですが、正直に言うと、あんまり変わっていないような印象でした。

ディズニーファンの人が見れば、細かいところがいろいろ変わっていて大興奮なのかもしれませんが、数年に1回漫然と乗ったことがあるだけの私にとっては、ほとんど印象は変わりませんでした。

ただ、気のせいか、動物のリアル具合が上がったような気はしました。
以前のバージョンであれば、娘はたぶん動物は作り物だと見破ったような気がしますが、今回は、本物だと思ったようです。

DSC07226

DSC07229

泣いたり親に抱きついたりはしませんでしたが、終わったとき、眉値を寄せて、物凄く険しい顔をしていました。
親友から、メチャクチャ深刻な打ち明け話を聞いたときのような顔でした。

私は印象は変わりませんでしたが、もともと嫌いじゃないので、今回も楽しかったですよ。

このアトラクションは、案内してくれるクルーの人(船長さん?)次第で楽しさが変わるんですよね。
リニューアル前後の違いより、船長さんの当たり外れの違いの方が大きいですね。

あとは、夜のクルーズが凄くなっているようですので、次回は夜に乗りたいと思います。

そのほかのアトラクションで印象的だったのは、「ミッキーのフィルハーマジック」でした。

WS000000

3Dメガネをかけて見る映画です。
だっこして見ました。

半年前だったら、絶対にメガネをかけさせなかったと思いますが、素直にメガネをかけて見ていました(ずり落ちそうでしたが)。

しかし、立体的に見えていたのかどうかは謎でした。

目の前の空間に手を持っていったりはしませんでしたが、真剣に見ていましたよ。

あとは、年齢制限のないアトラクションにいくつか乗りましたが、まだ、笑ったり大声を出したりするようなリアクションらしいリアクションはありませんでした。

基本的に、深刻そうな顔になるか、キョトンとした顔になるかの2パターンでした(笑)

でもとにかく、わけが分からないだけだった1歳前半の頃に比べれば、とりあえず興味は持って見ている様子でした。
ただ、自分に何を求められてるのか、まだわかってない感じでした。
スリルという概念はまだないみたいです。

娘が一番いい笑顔になったのは、「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール」でピッツァを食べたときでした(笑)

おいしかったというのもあったでしょうが、娘が一番好きな「ふしぎの国のアリス」に出てくるキャラクターに囲まれて楽しかったみたいです。

DSC07238

DSC07234

娘は、ニモよりもアナ雪よりもしまじろうのDVDよりもアリスが好きで、いつも一番集中して観ています。

60年以上前の映画とはとても思えないくらい良くできていて、親が観ても面白いです。

翌朝、「昨日ディズニーランド行ったね」と娘に声をかけたら、「並んだの」と言っていました。
並んだことが、一番印象に残ったようです(笑)