市原ぞうの国に1歳の娘と行った感想

「市原ぞうの国」に行きました。場所はこちら

DCIM0312

1歳10か月の娘は絵本やテレビで象が出てくると指差して「ぞうさん」などと言って反応しますが、実際の大きさをたぶん分かってないと思ったので、間近で見せてやりたいと思ったので行きました。
たぶん、大きい犬くらいのイメージでいたと思うんですよね。

ここには以前、子供が産まれるまえに行ったことがあります。
そのときに一番印象に残ったのは、象ではなく、動物の檻に普通の「犬」が入れられていたことでした。

私はべつに犬の愛好家ではないのですが、それを見て、なんだか腹が立ったのを覚えています。
檻が余ったのかなんなのか理由は知りませんが、こんなことをして誰が喜ぶんだろう?と思いました。

動物園だからまあ犬を展示しても間違いではないでしょうが、犬を展示するなら、ほぼ全部の種類の哺乳類を網羅して展示して、種の系統を解説するとか、そういうコンセプトでもない限りおかしいだろうと思うんですよね

子供が産まれなければたぶん二度と行かなかったと思いますが、象にかけては、国内で最も数が多いだけあって、やっぱりすごいです。

それにもう1つこの動物園にはウリがあって、動物にエサがあげられるんですよね。
まあ、そのエサも有料なんですけど。

さて、5年ぶりくらいにぞうの国に入りましたが、やっぱりまだ犬は展示されていました・・・哀しい気持ちになるので素通りしましたが。

しかし絶対クレームもあるだろうになんで止めないんだろ。
まあ、 屠殺処分される野良犬よりは幸せなんでしょうけど。
もしかしたら、そんなかんじの深い理由でもあるのかな。

象は、相変わらず10匹近くいました。
ここのいいところは、間近で見られるっていうところですね。
娘は、想像外のデカさに、びびっていました(笑)。
予想通りのリアクションです。

象の他にも、エサを直接あげられるような草食動物を中心に、いろんな動物がいます。
娘はアルパカやカピバラに人参をあげて興奮していました。

ラクダもいましたが、デカすぎて怖がり、近づけませんでした。
ラクダって、普段馬より少し大きいくらいのイメージですが、実際見ると予想外にデカイですね。
首や足がそれほど長くないだけのキリンって感じです。

そういえば、前回はキリンも一匹いましたが、もう居ませんでした。
その代わり、キリンはキリンだけの姉妹動物園みたいなものが隣接してできていました・・・これは非常に残念。

市原市のサユリワールドでキリンを見た

ここのメインイベントに、象のショーがあります。
象の鼻にぶら下がったり、象にお金を渡すとグッズを手渡し(というか鼻渡し)でくれたりします。

また、象が絵を描いたり、楽器を演奏したりします。

圧巻は象のサッカーで、かなり迫力あるシュートを正確に打ち、盛り上がります。

ちなみに、ちょうどワールドカップが始まったばかりのタイミングだったので、それに絡めたアナウンスをするのかと思いましたが、一切ありませんでした(笑)
たぶんいつもの台本通りなんでしょうが、嘘でもワールドカップ日本代表を応援してとかなんとか言えばいいじゃないですかね。

そのあたり、犬を展示していることに通じるユルさを感じます。

娘は、最初は象のデカさに怖がっていましたが、ショーを見ていて親近感がわいたのか、ショーが終わったあと、象にエサをあげると言い出しました。

親の方がビビりながらも、抱っこして象に人参をあげさせました。(ちなみにアフリカゾウのサンディー)

WS000002
もう全然怖がっていない娘を見て、ショーを見て一歳なりに感じるものがあるんだなあと感心しました

翌日以降、象に対する思い入れも大きくなったようです。
象を見ると、「おおきいね~」ではなく「かわいいね~」と言います。
大きさよりも、「かわいい」として印象に残ったようです。