山梨県北杜市の名水公園「べるが」に子供と行った感想

八ヶ岳旅行で、「べるが」という公園に5歳の娘と遊びに行きました。

前日「ハイジの村」に行って期待はずれだったので、ここも外れだったら困るなと思って心配でしたが、なかなか面白くて良かったです。

敷地はけっこう広くて、遊ぶゾーンがたくさんあるようですが、全部は見れないので、うちの子が鉄板で喜ぶ、水遊び(リバーサイドゾーン)に直行しました。

行く途中に、林の中の道を歩いていると、足元で、小さいカエルがピョンピョンはねていました。
いかにも自然の中に来たという感じだなと喜んでいたら、驚愕の事件が発生。
妻に、「何か虫がお腹に付いてる!」と言われて自分の腹を見たら、なんと、どこでくっついたのか、10センチくらいの大きなナナフシがくっついていました。

ナナフシなんて、今までの人生で見たのはディズニーの「バグズライフ」くらいだったので、初めは大きなカマキリかと思い、カマキリじゃないと分かっても、それが何なのかしばらく分かりませんでした。

川は名水百選に選ばれている尾白川とのこと。
旅行ガイド本やサイトの写真では、かなりインパクトのある風景でしたが、実際にも、きれいでしたよ。


ただ、川に入るまでの通路が狭く、人が多いとゴミゴミして少し危ないかもしれません。

娘は、持ってきた水着に着替えて、楽しそうに遊んでいました。

私もズボンをまくり上げて水に入りましたが、冷たくて気持ちよかったです。

ただ、水底の小石が痛くて、ものすごくゆっくりとしか歩けず、サンダルを持ってくれば良かったと後悔しました。

ここに来るなら、短パンとサンダルは必須ですね。
大人でも水着を着て入っている人もいましたが、近くに着替えるための場所みたいなものは特に見当たりませんでした。

娘は裸足でしたが、なぜか痛がる様子は全くありませんでした。
やっぱり大人になると、どんどん野生から遠ざかっていくんですかね。
いま大自然の真ん中に放り出されたら、すぐ死ぬんだろうなと思いました。

川の水はプールみたいに透き通っていますが、水の流れが止まっている場所にはオタマジャクシや小さい魚がいて、やっぱり川なんだとわかります。

川の脇にはスライダーが作ってありましたが、娘は怖がってやりませんでした。

夏休みに入る直前の平日だったので、そんなに人はいなく、スライダーも遊び放題という感じでした。

水遊びしたあとは、敷地内の温泉に行って温まりました。
このコースは最高ですね(笑)。

風呂は広く、露天風呂も何種類かあって、とても良かったですよ。

娘と入りましたが、娘とこうして温泉に入るのも、あと何回あるのかななどと思いながら入りました。

「べるが」周辺の観光スポット一覧

「べるが」周辺で体験できるアクティビティ一覧