夕張の「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」に行った感想

DSC_0708

山田洋次監督、高倉健さん主演の名作、「幸福の黄色いハンカチ」のセットなどを展示した、夕張にある「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」に行きました。

倍賞千恵子が住んでいた古い炭鉱住宅や、黄色いハンカチをたくさんくっつけた、何かはよくわからないけど洗濯物干しみたいなアレ、武田鉄矢が乗っていた赤いオープンカーなどが展示されています。

DSC_0721

また、炭鉱住宅の中は、資料館のようになっているのですが、壁一面に黄色い紙が貼り付けてあり、一種異様な眺めになっています。

DSC_0724

紙には訪問者が絵馬みたいに、それぞれの希望を書いています。
私たちも書こうかと思いましたが、貼り付けるスペースがもうどこにも見当たらないのでやめました。

DSC_0735

記念撮影して帰りましたが、正直それほど面白くはありませんでした。

この手の資料館などは、やはり、展示してある対象に興味や知識があるかどうかが一番大事であるという、当たり前のことを再度確認しました。

この映画は見たことはあるのですが、遠い昔で、記憶も若干おぼろげです。
アメリカでリメイクした「イエローハンカチーフ」なら、比較的最近見たのですが、本編は武田鉄矢が気持ち悪かった印象が一番強く残っているくらいで、赤いオープンカーを見ても、説明を見るまで何だか分かりませんでした。

同じ旅行中に行った「北の国から資料館」は、旅行前にDVDを見たので、感銘的でした。

ここも、直前に映画を見ていたら、それなりに感動したかもしれません。
やはり、旅行も予習が大切ですね。

DSC_0733
見たら絶対感動することは分かっているんですけど。


↑全然話題になりませんでしたが、ウィリアムハートの静かな演技に高倉健さんへのリスペクトが感じられる名作です。桃井かおりも出ています。